溝の口の歯医者と種類

溝の口の歯医者相談室

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索
溝の口の歯医者の歯科、歯科口腔外科、矯正歯科、小児歯科といった標榜科名と治療の種類
溝の口の歯医者相談室main画像

溝の口の歯医者と種類

歯医者は歯の診断・治療だけでなく、公衆衛生の普及を行うのも大切。

歯の健康管理や虫歯、歯周病などの予防を行うことも歯医者の大切な役割になっています。

歯が痛くなったから歯医者に出かけるのではなく、日頃から歯の状態を診てもらえる溝の口の歯医者との付き合いも大切です。

日本で歯医者になるためには、厚生労働省が指定している大学の6年生の歯学科を卒業してから、歯科医師国家試験に合格する必要があります。

全国に歯学部歯学科を持つ大学は、国立大学で11校、公立大学1校、私立大学17校があります。

その中で溝の口のある神奈川県では鶴見大学、神奈川歯科大学があります。

全国で歯学部歯学科を持つ大学は29校になります。

日本で歯医者になるための制度が整ったのは、明治維新以降のこと。

それ以前は口歯科、口中科を専業にする医者が歯の治療を行っていました。

歯医者の国家資格は医者の国家資格とは別です。

大学を出ただけでは資格になりません。

国家試験に合格したところで、厚生労働大臣から歯科医師免許がもらえます。

更新期限のない資格で、歯科医業停止とか免許取り消しのような事態にならない限りは、一度受け取った免許は生涯有効な免許になっています。

溝の口の歯医者には歯科、歯科口腔外科、矯正歯科、小児歯科といった標榜科名があり、それぞれの標榜があります。

歯科医師免許にこういった診療科ごとの交付があるわけではなく、それぞれの分野の学会が学会認定医として認定を行っているものや、専門医資格に基づくものです。

歯医者といっても、治療内容によってはこうした診療科に分けて通院することもあります。

Copyright www.akamidwestern.com.